スターウォーズ・エピソード7 フォースの覚醒|ストーリーまとめ

映画ストーリーまとめ

スターウォーズ・エピソード7 フォースの覚醒を観てきました。

 

ストーリーをめちゃくちゃ簡潔にまとめました!

 

※ネタバレ注意※

 

 

登場人物・用語まとめ

ファースト・オーダー(笑)

なんだかよく分からないけど、要は旧6部作の帝国です。
長くて面倒なので、以後は帝国と書きます。

 

カイロ・レン

ハン・ソロとレイア・スカイウォーカーの間にできた息子。
どうやら「シス」というわけではないようなのだけど、シスっぽい服と赤いライトセーバーを持っています。小物。

 

レイ

本作の主人公。女の子。23歳くらい? 可愛い。
「フォースの覚醒」とは、レイの覚醒の事。
どうやら強力なフォースを持つようです。スカイウォーカーの血筋かもしれません。
レイの正体はルークの娘? などなど、ネットでは噂が飛び交っているようです。

 

フィン

黒人。元は帝国軍のストームトルーパーだったが、悪いことをしているような気がして改心。
ポーと共に帝国を脱出。以降、レイやソロと行動を共にする。

 

ポー

反乱軍の兵士。有能。凄腕のパイロット。
エピソード4のルークの立ち位置で、最高においしいキャラ
個人的には一番のお気に入り。

 

みかんおばさん

名前を忘れてしまったのだけれど、みかん色の顔をしたおばちゃん。

色々見通す力があるようで、レイにも
「なんかすごくなりそう」
みたいな事をいっていたような気がする。
ルークのライトセーバーを預かっている。
ソロとは顔なじみ。

 

ハン・ソロ

おじいちゃんになっています。死にます。

 

レイア

おばあちゃんになっています。太っています。

 

ルーク

おじいちゃんになっています。死にませんけど、太っています

 

BB-8

ポストR2-D2。丸いドロイド。ころころ走り回る。

 


スポンサーリンク
 

ストーリーまとめ

レイは、ジャクーという星で廃品を集める人(スカベンジャー)として暮らしています。
このあたり完全にナウシカです。

 

基本的になぜかみんな
「ルーク・スカイウォーカーを探そう!」
みたいな事になっています。

 

ルークは弟子が悪者になってしまったショックでどこかの星に移り住んでいるらしい。
弟子=カイロ・レン?

 

ルークがいる所の地図データをポーが持っており、帝国の進撃を受けたポーはそれをBB-8に託す。(このあたりエピソード4そっくり)

 

ポーは帝国軍に捕らわれる。

 

BB-8は帝国軍から逃れ、廃品拾いをしていたレイと出会う。

 

ポーはファーストオーダー(笑)でカイロ・レンにフォースによる催眠を受け

「地図はBB-8の中にありまぁす!」

と絶叫。帝国軍は再度ジャクーへ進撃。

 

「オレってばとんでもなく悪じゃねぇ?」と今更ながら思い始めたストームトルーパーのフィンはちょうど困ってそうなポーを見つけ、ポーと共にファーストオーダー(笑)を脱出。ジャクーへ。

 

ジャクーに着いた途端、エピソード6に出てきた蟻地獄の大きいバージョンみたいな怪物に宇宙船ごと飲み込まれ、ポーは死亡。

 

フィンはポーのジャケット(遺品)をうまい事GETできた事で上機嫌に。
しかしあっさりBB-8に見つけられ、レイに盗賊の汚名を着せられて快楽の電流責めを受ける。

 

そんな中、帝国軍がジャクーに到着。
フィンとレイは帝国軍から逃れるため、その辺に乗り捨ててあったミレニアム・ファルコンを強奪。晴れて本物の盗賊に。

 

二人は途中立ち寄ったサービスエリアで伝説のおじいさん、ハン・ソロとゴリラ男(チューバッカ)と出会う。
3人とゴリラは特に予定もないので、みかんばばあの所へ。

 

みかんばばあがなにか色々それらしい事を言って、とりあえず3人とゴリラはバラバラになる。

 

フィンは
「ストームトルーパーもまっぴらだけど、あんな危なそうな女とじじいと一緒にいるなんてごめんだぜ。オレはビッグになるんだ」
と息巻いていた所を、実は生きていたポーに発見され、しぶしぶジャケットの返却を提案。

 

聖なる男、ポーは
「おまえの方が似合っているから」
という独自の哲学でフィンにジャケットを贈呈。フィンは
「そろそろ捨てようと思っていたのに」
と面倒くさがりながらそれを受領。
(そんなやりとりの中、レイがカイロ・レンに捕らえられています)

 

すっかりおばあちゃんになったレイア姫に
「息子を取り戻してきてちょうだい」
と言われ、ソロはしぶしぶファーストオーダー(笑)に向かう。
フィンも
「ここでレイ助ければよろしくできるんじゃねぇか!?」
悪魔的発想をし、ソロに便乗してファーストオーダー(笑)に向かう。

 

カイロ・レンはというとレイを尋問中、
「マスクを外して。お願い☆」
とお願いされた結果、快くそれを承諾。
アナキンの劣化版みたいなその素顔にがっかりしたレイは007の中の人()をハニートラップにかけ、見事自力で脱出。フィンの企みは空振りに終わる。

 

ソロはファーストオーダー(笑)のなにか重要な場所に到達。
各所に爆弾を仕掛け、なぜかその起爆装置をゴリラに預けるという最大級の死亡フラグを立ててから、その辺を散歩していたカイロ・レンに声をかける。

 

「おまえの中にはまだ光がある」
とかなんとか言ってカイロ・レンに「ジェダイの帰還」再来を願うソロだが、カイロ・レンはとっくにぶっ壊れていたのでライトセーバーでソロのお腹に牙突をたたき込む。ソロはダース・モールを彷彿とさせる見事な落下を見せ、死亡。

 

「ウー!」とか言いながら怒るゴリラの姿が涙を誘う。

 

ポーが、デス・スターを撃破したルークや単身敵の母艦に乗り込んだ少年アナキンもびっくりの大活躍を見せ、ファーストオーダー(笑)は壊滅。
フィンとレイはよろしくしながらジャクーへ帰還。

レイが戻ってきた事で、長い間スリープ状態を保っていたR2-D2が起動。(ルークの娘?)
BB-8の持つ地図とR2-D2の地図を掛け合わせてルーク・スカイウォーカーの居場所が判明する。
レイがルークの元へ向かう。

 

レイは無事ルークと出会うが、「無人島っぽい所にいたのにブクブク太っているルーク」に嫌気がさした所で本編終了。

 

※レイのフォースを受けるストームトルーパーの中身を「007」シリーズのダニエル・クレイグが演じている。(本文に戻る

 

★人気記事
スターウォーズ|ストーリーまとめ
https://trendnewsinfo.com/archives/147

コメント

タイトルとURLをコピーしました