ドラッグストアのお菓子が安い理由

ちょっとしたまめ知識

ドラッグストアってコンビニやスーパーよりも安くお菓子が売っていますよね。
あれはなぜなのでしょう? 調べてみました。

 

薬や化粧品の粗利率が高い

ドラッグストアで売っている薬や化粧品の多くは、食品などに比べて格段に粗利率が高い。
つまり、売れば売るほど効率的に儲けることが可能なわけです。

薬や化粧品は一度に大量に購入する事はあまりありませんよね。
という事は一人あたりの客が買う量(客単価)をあげることは難しい。

では、売り上げをあげるにはどうするか。
客単価があがらないなら、客の数を増やせばいいのです。

お菓子を買ったついでに切らしていた薬や化粧品を買っていく。
そんな「ついで買い」をドラッグストアは狙っているのです。

 

大量仕入

ドラッグストアはチェーン展開している事が多く、一つの商品を大量に仕入れる事が可能です。そして商品は大量に仕入れれば仕入れるほど安く仕入れる事が可能です。

そうして安く仕入れた商品を全国の店舗に配送し、コンビニやスーパーなどより安く売る。
そうする事で客を呼び込んでいるのです。

 ; 
スポンサーリンク

 

入浴剤がお勧め

ドラッグストアにはお菓子以外の色々なものが安く売っていますが、個人的にオススメなのが入浴剤。

疲れた体を癒してくれる入浴剤。

たまには入浴剤を入れてゆったりと自宅のお風呂に浸かるのはいかが?


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました