暴力団はなぜなくならない? 逮捕されないの?

ちょっとしたまめ知識

暴力団に良いイメージを持っている方はいないでしょう。
麻薬の取引や拳銃の売買など……。
社会にとって害になるイメージしかない暴力団。

それなのに「○○組の組長がなんとか」とニュースで放送していたりする。
公然と存在が認められている。

 

暴力団ってなぜなくならないのでしょう?
まとめてみました。

 

結社の自由

まず日本では「結社の自由」と言って、同じ目的を持った個人同士が集団を作る事が憲法で権利として認められています。

それが大前提です。

だから、「○○組」という集団を作ることに問題はない。

 

証拠がないと警察は動けない

「○○組」という組織に属しているからといって、犯罪を犯しているとは限らない

証拠がないと警察は動けないのです。
つまり、暴力団を無くす為には「犯罪を無くす必要がある」という事になる。
そう考えると、暴力団を無くすというのはそう簡単ではない事に思えてきました。

 

スポンサーリンク

暴力団を必要としている人もいる

借金の取り立てや、トラブル処理などで、暴力団を必要としている人がいるのも事実です。

また、日本から暴力団がなくなれば、今度はチャイニーズマフィアなどの外国の勢力が台頭する事になります。
その抑止力ともなっているのです。

必要悪とまでは言いませんが、そういった「暴力団が存在する余地」が日本社会には存在しているのです。

 

合法な稼ぎ方をしている

暴力団は、いつも麻薬取引や拳銃の売買などの非合法な活動をしているわけではなく、企業を経営していたりと、合法的な活動をして活動費を得ている事がほとんどです。

 

当然そうした活動はなんら法に触れる要素はありませんから、取り締まるわけにはいきません。

 

以上のような理由によって暴力団はなくならずに存続し続けているのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました